テストWiki:Autopatrolled

From TestWiki
This page is a translated version of the page TestWiki:Autopatrolled and the translation is 100% complete.

Autopatrolledユーザー Public Test Wiki には、編集を patrol する技術的能力または改訂の両方があります。 autopatrolledユーザーグループまたは autoconfirmed暗黙的ユーザーグループのメンバーではなく、「独自の」リビジョンを持つ他の非管理者ユーザーの 自動的に「パトロール」としてマークされます。 パトロールは、ほとんどの場合、 NewPagesおよび RecentChangesフィードでパトロールされていない編集を確認することによって行われます。 'Public Test Wiki' では、すべてのユーザーが request administrator権限を付与できるため、このユーザーグループの権利が付与されることはまれです。 自分のリビジョンをパトロールとしてマークし、他のユーザーのリビジョンをパトロールします。

autopatrolled権限が必要な場合、 administratorはそれを許可でき、[[1]]にメッセージを送信してリクエストできます。 この許可が必要な「最も」一般的な理由は、既存の「公開テストWiki」ユーザーの正当な代替アカウントです。

autopatrolledユーザーグループに含まれる権限の完全なリストは次のとおりです。

  • Have one's own edits automatically marked as patrolled (autopatrol)
  • Mark others' edits as patrolled (patrol)
  • Perform CAPTCHA-triggering actions without having to go through the CAPTCHA (skipcaptcha)
  • View recent changes patrol marks (patrolmarks)

n.b。 English Wikipediaでは、 autopatrol </ code>と patrol </ code>のユーザー権限が 自動パトロールおよび新しいページのレビュー担当者; ただし、後者の場合、パトロール</ code> NewPagesする機能しかありません。 保留中の変更レビュー担当者には、「その」場合を除いて、パトロール</ code> RecentChangesの技術的機能があります。 、自動確認されていない編集者のリビジョンのみがパトロールする必要があります。</ small>

autopatrolled権限を持つユーザーのリスト

自動パトロールされたユーザー権限を持つ限られた数のユーザー(管理者と管理者ではないユーザーの両方)は次のとおりです。